2007年11月26日 00時00分 公開
PR

内部監査部およびIT戦略部がメールホスティングの導入を決定メールのセキュリティ強化がもたらした理想的な社内改善とは? 〜きっかけは情報漏えい対策〜

人材派遣会社のバックスグループが、情報セキュリティの強化を目的に新たなメールホスティングサービスを導入した。コスト削減や運用負荷の軽減といった事前に想定された副次的効果以外にも、企業の生産性を向上させる、ある成果が得られたという。

[提供:株式会社NTTPCコミュニケーションズ]

 人材派遣会社は大勢のスタッフを管理する、いわば大規模な個人情報取扱事業者でもある。当然のことながら情報漏えい事故への危機意識は高く、その対策に抜け穴は許されない。今回、その人材派遣会社であるバックスグループが情報セキュリティと内部統制強化を目的に導入したのは、NTTPCコミュニケーションズのメールホスティングサービス「Mail Luck!セキュアタイプ」だ。

 最近の傾向では、情報漏えいの発生原因に悪意ある誰かが不正に情報を持ち出すといった“意図的”なものは少なく、実はメールに添付したファイルを誤送信してしまったなどの“不注意”によるものが多い。そのため企業は、漠然とセキュリティの強化を目指すのではなく、情報漏えいの発生原因に基づき実践的なソリューションを選択する必要がある。ここでは、バックスグループの導入事例を通してメールホスティングサービスの導入メリットを検証する。

提供:株式会社NTTPCコミュニケーションズ

提供:株式会社NTTPCコミュニケーションズ
アイティメディア営業企画/制作:TechTarget編集部