2007年12月10日 00時00分 公開
PR

統合型ネットワーク管理ツール「Visual Performance Manager」スモールスタートできるネットワーク可視化ツールが登場

ネットワークの可用性を死守する必要性は日増しに高まっている。今や問題とすべき焦点はネットワーク機器の死活ではなく、ネットワークの性能や品質だ。ネットワークの中身を可視化し、品質向上につなげる施策とは?

[提供:株式会社フルーク]

 ネットワークを介したビジネスが当たり前になっている今日、ネットワークを厳密に管理する必要は日増しに高まっている。ネットワークに障害や停止などのトラブルが起きれば即ビジネスに影響し、支障を来すのは明らかだ。ネットワークはもはや単なるデータの“パイプ”ではなく、企業の生殺与奪を握る神経系統といえるだろう。きっと「そんなことは言われなくても分かっている。もうとっくの昔に管理を始めている」という企業も多いだろう。だが、それはもしかするとネットワークの構成管理を指しているのではないか。ネットワークの構成を把握しているだけの管理では、ネットワークにトラブルが発生したときにその原因を早期に発見し、修復するのは難しい。本当に必要なのはどういった管理なのか、あらためて見直すときが来ている。

提供:株式会社フルーク

提供:株式会社フルーク
アイティメディア営業企画/制作:TechTarget編集部