Windows 2000 Serverのサポート終了まで、あと1カ月……レガシーシステムに潜む脅威レガシーシステムに有効なセキュリティ対策【第1回】

2010年7月13日にサポートが終了するWindows 2000 Serverなど、今後セキュリティパッチが提供されないレガシーシステムの現状を解説するとともに、有効なセキュリティ対策を紹介していく。

2010年06月28日 08時00分 公開
[トレンドマイクロ,大田原忠雄]

レガシーシステムとは

 専用OSが搭載されたメインフレームからPCサーバが主流になった時代、メインフレームは「レガシーシステム(過去の遺産)」と呼ばれ、多くの企業でオープンOS(Windows、Linuxなど)への移行を余儀なくされた。第一のレガシーシステムをメインフレームとするならば、第二のレガシーシステムはWindows NTといえるだろう。Windows NT 4.0は2004年12月にサポートが終了したものの、多くの企業が使用を続けた(現在もなお使用し続けている)という報告もある。そして今、第三のレガシーシステムWindows 2000 Serverのサポートが終了しようとしている。

 本連載では、既にベンダーのサポートが終了しているWindows NTなどのOSや、2010年7月にサポートが終了するWindows 2000 Serverを含めてレガシーシステムと呼ぶことにする。このようなレガシーシステムにどのような脅威が存在するかを説明する前に、まずはどのくらいレガシーシステムが存在するのかを紹介しよう。

レガシーシステムはどのくらい存在するのか?

 トレンドマイクロが2010年3月に企業・団体の情報システム担当者412人を対象としてレガシーシステムに関する調査を実施したところ、「あなたが働いている会社でお使いのOSで、Windows NTなどOSベンダーのサポートが切れたものはありますか?」という質問に対して、42.2%のシステム管理者がサポート切れOSがあると回答している(図1)。これを多いと思うか少ないと思うかは人それぞれだが、半数近くの企業においてレガシーシステムが現在も使い続けられているという現状だ。

Q:あなたが働いている会社でお使いのOSで、Windows NTなどOSベンダーのサポートが切れたものはありますか?

画像 図1 企業におけるサポート切れOSの利用状況

 それではWindows 2000 Serverについてはどうだろうか? 「あなたが働いている会社でお使いのサーバにWindows 2000 Serverはありますか?」という質問に対して、5割以上の企業が使用していると回答した(図2)。

Q:あなたが働いている会社でお使いのサーバにWindows 2000 Serverはありますか?

画像 図2 Windows 2000 Serverの利用状況

 さらに、現在Windows 2000 Serverを使用している企業にサポート終了後の運用を聞いたところ、27.2%の企業がそのまま使用すると答えている。また、サポート終了まで約3カ月(※本調査は2010年3月24、25日に実施)にもかかわらず、不明が11.4%、未定が14.0%と依然多くのユーザーで移行が決まっていない結果となった(図3)。

ITmedia マーケティング新着記事

news065.jpg

アップルのiPad Pro炎上CMにサムスンが一撃 「クリエイティビティーはCrushできない」
Appleらしからぬマーケティングの失敗から数日後、Samsungは「Galaxy Tab S9」を訴求する...

news063.jpg

電話・スマホでのコミュニケーションは「通話」? 「テキスト」?
クロス・マーケティングが全国の20〜69歳男女を対象にした調査によると、電話やスマホで...

news061.png

商品のパッケージが変わると購入意欲につながる?
商品のパッケージデザインの一新が新規購入とその後のリピート購入にどの程度つながって...