2012年03月23日 20時00分 公開
ニュース

IFRS適用で決算期を変更、8社が予定【IFRS】5社が12月期に変更

花王や東洋ゴム工業、JUKI、サイボウズなど8社がIFRS適用などを理由に決算期を変更した。

[垣内郁栄,TechTargetジャパン]

 新日本有限責任監査法人 ナレッジセンター・リサーチは3月23日、決算期の変更を予定している企業の一覧をWebサイトで公表した。IFRS(国際財務報告基準)では本社と連結子会社の決算期の統一が基本的に求められ、対応が必要な企業は決算期を変更している。法令で12月31日と決算日が決まっている中国などの現地法人に合わせて、本社の決算期を変更するケースもあるようだ。

 調査は2011年1月1日から2012年2月15日までの間に決算期変更について適時開示した上場企業。26社が決算期の変更を予定している。決算期の変更理由にIFRS適用を挙げている企業は、花王や東洋ゴム工業、JUKI、サイボウズなど以下の8社。適時開示では「将来適用が検討されている国際財務報告基準(IFRS)に規定されている連結会社の決算期統一の必要性への対応を図るため」(サイボウズ)などとしているケースが多い。決算期を変更する8社のうち、決算日を12月31日に変更するのは5社(社名に★がある企業)。

  • 花王 ★
  • 東洋ゴム工業 ★
  • インターライフホールディングス
  • JUKI ★
  • サイボウズ ★
  • 日本エム・ディ・エム
  • グッドマン
  • ダイナック ★

 また、ダイナックは親会社のサントリーホールディングス、サントリーグループがIFRS適用を検討していて、グループの決算期を統一するために決算期を変更するとしている。過去には横浜ゴムなどもIFRS対応を理由に決算期を変更した。

ITmedia マーケティング新着記事

news176.jpg

Teslaが成長率1位、LVMHグループ5ブランドがランクイン 「Best Global Brands 2021」
毎年恒例の世界のブランド価値評価ランキング。首位のAppleから10位のDisneyまでは前年と...

news056.jpg

「巣ごもり消費」で選ばれるブランドになる「シャンパンタワー型コミュニケーション戦略」のすすめ
「巣ごもり消費」はPRをどう変えたのか。コロナ禍における需要喚起に有効なB2C向けの統合...

テレビ放送と人流の相関を示すデータサービス クロスロケーションズが提供開始
テレビ番組やテレビCMをテキスト化・データベース化した「TVメタデータ」とGPSをベースと...