2013年03月25日 20時00分 公開
ニュース

今後のIFRS開発に助言、国際的な会計基準フォーラムにASBJが参加【IFRS】会計基準アドバイザリー・フォーラム(ASAF)

ASAFの初代メンバーに選ばれたのはASBJを含めて12の組織。アジア・オセアニアからはASBJの他にオーストラリア会計基準審議会、中国会計基準委員会、アジア・オセアニア基準設定主体グループ。

[垣内郁栄,TechTargetジャパン]

 日本の会計基準を策定する企業会計基準委員会(ASBJ)は3月19日、ASBJが会計基準アドバイザリー・フォーラム(ASAF)の初代メンバーに選ばれたと発表した。ASAFはIFRS(国際財務報告基準、国際会計基準)を策定する国際会計基準審議会(IASB)の監督機関であるIFRS財団が設立した組織。IASBによる今後のIFRS開発などに対して提言する役割を持つ。

 ASAFの初代メンバーに選ばれたのはASBJを含めて12の組織。アジア・オセアニアからはASBJの他にオーストラリア会計基準審議会、中国会計基準委員会、アジア・オセアニア基準設定主体グループが選ばれた。以下が12の組織のリストだ。

アフリカ

  • 南アフリカ財務報告基準評議会

アジア・オセアニア

  • 企業会計基準委員会(日本)
  • オーストラリア会計基準審議会
  • 中国会計基準委員会
  • アジア・オセアニア基準設定主体グループ(AOSSG、香港公認会計士協会が代表)

欧州

  • ドイツ会計基準委員会
  • 欧州財務報告諮問グループ(EFRAG)
  • スペイン会計監査協会
  • 英国財務報告評議会

米州

  • ラテンアメリカ基準設定主体グループ(GLASS、ブラジル会計基準委員会が代表)
  • カナダ会計基準審議会
  • 米国財務会計基準審議会(FASB)

 IASBは従来、FASBやASBJなど特定の組織と2組織間のMoU(覚書)を結び、会計基準のコンバージェンスなどについて議論してきた。しかし、各国のコンバージェンス活動が一段落したことに加えて、IFRS採用国の拡大でさまざまな国から意見を聞く必要性が出てきた。ASAFでは多国間の協議で今後のIFRS開発に向けて各国のニーズを吸い上げる。ASAFと、そのメンバー構成については2年後に見直す予定。

ITmedia マーケティング新着記事

news056.jpg

「巣ごもり消費」で選ばれるブランドになる「シャンパンタワー型コミュニケーション戦略」のすすめ
「巣ごもり消費」はPRをどう変えたのか。コロナ禍における需要喚起に有効なB2C向けの統合...

テレビ放送と人流の相関を示すデータサービス クロスロケーションズが提供開始
テレビ番組やテレビCMをテキスト化・データベース化した「TVメタデータ」とGPSをベースと...

news014.jpg

マーケティング担当者を消耗させる「商品情報」の取り扱い どうすれば解決できる?
デジタルマーケティングに携わる人にとって頭痛の種になりがちなのが、商品情報に関する...