2014年06月24日 08時00分 公開
特集/連載

さよならSharePoint&MS Office! Google Appsに全面移行した英オペラハウス「SharePointの弱点が目立つようになった」

英国のグラインドボーンオペラハウスは、200人の職員が利用するメールや業務ワークフローなどのアプリケーションとストレージを、米GoogleのGoogle Appsに移行した。

[Clare McDonald,Computer Weekly]
Computer Weekly

 1934年、イーストサセックス州に設立された英グラインドボーンオペラハウスは、これまで米MicrosoftのMicrosoft Office、SharePoint、Exchangeを利用していた。だが、その環境が作業量の増大の需要に対応しきれなくなった。モバイル端末上での作業が増えてきたことも、従来システムの課題の1つだった。また、IT部門がMicrosoftアプリケーションの保守にかける時間が増えて、1カ月のうち丸3日間にも及ぶことがあった。しかも一部の保守作業は専用マシンで実行しなければならないため、手順の複雑なリモートアクセスプロセスを実行することもあった。

Computer Weekly日本語版 6月18日号無料ダウンロード

本記事は、プレミアムコンテンツ「Computer Weekly日本語版 6月18日号」(PDF)掲載記事の抄訳版です。本記事の全文は、同プレミアムコンテンツで読むことができます。

なお、同コンテンツのEPUB版およびKindle(MOBI)版も提供しています。


 同オペラハウスでIT部門の責任者を務めるリチャード・ウェルズ氏は次のように語る。「組織力を高めるための(ITシステムを改善する)ニーズがあると気づいた。SharePointベースのイントラネットを運用してかなり年月がたったので、システムを更新することにした。ユーザーインタフェースが自分たちのやりたい作業にあまり合っていないと、ユーザーは感じていたと思う」

 スタッフ間のコラボレーションの機会が増えてきたことで、SharePointの弱点が目立つようになった。例えばファイル検索、メールとの連携、ある資料に関連するデータの取得などだ。扱うデータには、楽譜、音声データ、映像データ、Word文書、Excelスプレッドシートなどがある。

 ウェルズ氏は次のように語る。「何しろ、あるユーザーが自分のMicrosoft Officeをアップデートした場合、ユーザーによって利用しているOfficeのバージョンが違うことになる。OfficeはSharePointと統合しているので、SharePointとの統合のされ方がユーザーによって変わってくる。このため、ユーザー間で共通のエクスペリエンスを共有できなくなっていた」

 そんなあるとき、ウェルズ氏は「昔からよくいわれる、脳内に電球がパッと灯る」ひらめきを得た。

ITmedia マーケティング新着記事

news074.jpg

SDGsの取り組みが認知されると、生活者の7割が行動を起こす――電通PR調査
SDGsの認知率は約4割。前年比15.6ポイント増と大きく伸長しています。今企業が取るべきア...

news162.jpg

「中古品の購入・使用への抵抗感」が増加 コロナ禍の影響か――メルカリ調査
メルカリによる定点調査。利用者が増え続けるフリマアプリですが、コロナ禍の消費者心理...

news144.jpg

「BOTANIST」を生んだI-neが上場 強いブランドの秘密とは?(無料eBook)
「BOTANIST」運営のI-neが東京証券取引所マザーズに上場。テクノロジーとマーケティング...