2014年11月14日 10時00分 公開
PR

将来、日本の労働環境はこうなる!? 7つの予測デル株式会社提供ホワイトペーパー

日本人の働き方にテクノロジーはどのような影響を与えているのか、今後どのような方向に導いていくのか。7つのトレンドから日本の将来の労働環境を予測する。

[ITmedia]

デルが進めるWindows 8

 経済発展の貢献はもとより、一般消費者にも高度なテクノロジーが浸透しているにも関わらず、日本の労働者は職場におけるテクノロジーの推進に慎重な姿勢を取っている――。本リポートは、デルとインテルが2011年10月に労働環境の進化に関して世界11カ国で行った調査から日本に特化した内容をまとめたものだ。将来、労働環境はこうなる、と思われる7つのトレンドを取り上げ、調査結果を基に仮説と将来予測を解説する。

 リポートでは、7つのトレンドを分析しながら、テクノロジーを通して解決可能になる潜在的機会と労働者への恩恵を明らかにしていく。消費者向けの技術と、技術が企業環境にもたらす貢献を結び付けることで、経営者やIT企業は国内の労働者のモチベーションを活性化することができる。

※デルは今回のリポートから将来の働き方を提唱、いち早く職場のIT環境の変革を促進しています。Windows 8.1を搭載した最新のデバイスは生産性を飛躍的に向上させています。

※2014年11月4日(火)〜 12月31日の間、日本マイクロソフト株式会社と「テレワーク&モバイルワーク推進期間」として、中堅中小企業のお客さま(従業員1〜300名規模)を対象に、クラウドサービスやタブレットデバイスの利活用による柔軟な働き方の実現を支援しています。