2020年のビデオコミュニケーション市場は2070億円に、シード・プランニングが予想NEWS

シード・プランニングは、国内のビデオコミュニケーション市場の市場調査の結果を発表した。クラウドやスマートフォン、タブレットなどにより、企業のコミュニケーションが変わりつつある。

2015年04月01日 19時45分 公開
[中尾太貴TechTargetジャパン]

 シード・プランニングは2015年3月31日、国内ビデオコミュニケ−ション市場の将来展望に関する調査結果を発表した。国内のビデオコミュニケーション市場は、2015年に2014年比104%の454億円になると予想する。

 市場ごとの国内シェアをみると、2013年と変わらず、ビデオ会議ベンダーはシスコシステムズ、Wed会議メーカーがブイキューブ、ビデオ会議の多地点接続装置(MCU)市場ではポリコムジャパンが1位となった。

 2020年には、ビデオコミュニケーション市場は既存市場の約3倍となる2070億円程度に拡大するとシード・プランニングは予想する。最近では、スマートフォン向け無料通話アプリケーションが普及し、グループウェアなど他のアプリケーションにビデオ会議機能の搭載が進むなど、コミュニケーション手段が多様化。特別なハードウェアやソフトウェアを介さずコミュニケーションを取れるようになってきたことが、市場成長の原動力になると同社は指摘する。

ITmedia マーケティング新着記事

news080.jpg

DIORが本気で挑むラグジュアリー体験としてのAR
広告プラットフォームのTeadsがAR(拡張現実)とAI(人工知能)技術を応用したサービスを...

news057.jpg

AIに対して良い印象を持っている人は70%以上 理由は?
楽天インサイトが「AIに関する調査」結果を発表。AI(人工知能)のイメージや生活への関...

news079.jpg

狙うは「銀髪経済」 中国でアクティブシニア事業を展開する企業とマイクロアドが合弁会社を設立
マイクロアドは中国の上海東犁と合弁会社を設立。中国ビジネスの拡大を狙う日本企業のプ...