2020年のビデオコミュニケーション市場は2070億円に、シード・プランニングが予想NEWS

シード・プランニングは、国内のビデオコミュニケーション市場の市場調査の結果を発表した。クラウドやスマートフォン、タブレットなどにより、企業のコミュニケーションが変わりつつある。

2015年04月01日 19時45分 公開
[中尾太貴TechTargetジャパン]

 シード・プランニングは2015年3月31日、国内ビデオコミュニケ−ション市場の将来展望に関する調査結果を発表した。国内のビデオコミュニケーション市場は、2015年に2014年比104%の454億円になると予想する。

 市場ごとの国内シェアをみると、2013年と変わらず、ビデオ会議ベンダーはシスコシステムズ、Wed会議メーカーがブイキューブ、ビデオ会議の多地点接続装置(MCU)市場ではポリコムジャパンが1位となった。

 2020年には、ビデオコミュニケーション市場は既存市場の約3倍となる2070億円程度に拡大するとシード・プランニングは予想する。最近では、スマートフォン向け無料通話アプリケーションが普及し、グループウェアなど他のアプリケーションにビデオ会議機能の搭載が進むなど、コミュニケーション手段が多様化。特別なハードウェアやソフトウェアを介さずコミュニケーションを取れるようになってきたことが、市場成長の原動力になると同社は指摘する。

ITmedia マーケティング新着記事

news035.jpg

低迷するナイキやアディダスを猛追する「HOKA」の “破壊的”ブランディングとは?
ランナーの間で好感度が低迷しているNikeに対し、ディスラプター(破壊的企業)として取...

news051.jpg

新紙幣の発行、3社に1社が日本経済に「プラスの影響」と回答――帝国データバンク調査
20年ぶりの新紙幣発行は日本経済にどのような影響を及ぼすのでしょうか。帝国データバン...

news196.png

WPPとIBMが生成AIを活用したB2Bマーケティング領域で連携
IBMのビジネス向けAIおよびデータプラットフォームである「watsonx」の機能を「WPP Open...