2015年04月08日 08時00分 公開
特集/連載

iPad&BlackBerryの代わりに選ばれたのはSurface Pro&Windows Phone英地方議会がまたiPadを破棄

ノッティンガムシャー州議会に続き、シュロップシャー州議会が導入済みのiPadとBlackBerryを破棄し、Windowsデバイスに移行した。シュロップシャー州議会が選んだのはSurface ProとLumiaだった。

[Cliff Saran,Computer Weekly]
Computer Weekly

 英シュロップシャー州議会はデスクトップIT戦略を見直し、米MicrosoftのEnterprise Agreement(EA)を利用してOffice 365を実行する複数のデバイスをサポートすることを決定した。

Computer Weekly日本語版 4月1日号無料ダウンロード

本記事は、プレミアムコンテンツ「Computer Weekly日本語版 4月1日号」(PDF)掲載記事の抄訳版です。本記事の全文は、同プレミアムコンテンツで読むことができます。

なお、同コンテンツのEPUB版およびKindle(MOBI)版も提供しています。


 議会ではこれまでWindows XPからWindows 7への移行や、BlackBerryからMicrosoftのLumiaスマートフォンへの乗り換えを進めてきた。現在は、iPadから中国LenovoのデバイスとSurface Proを使用したハイブリッドタブレット環境への転換を進めている。また、「Microsoft Enterprise Mobility Suite」も導入しており、2015年から2016年にかけてITで50万ポンドのコスト削減を目指している。

 「英Orange Mobileと契約してBlackBerryを導入したが、契約終了を機にBlackBerryから(別のスマートフォンに)変えようということになった」と語るのは、2013年7月にシュロップシャー州議会に加わりICTマネジャーを務めるバリー・ウィルキンソン氏。

 議会は通信プロバイダーを英Vodafoneに変え、1ユーザー当たり月額5ポンドの契約を選んだ。この契約には、BlackBerryの代わりとなるスマートフォンとしてLumiaが含まれていた。ウィルキンソン氏は、BlackBerryは最新のスマートフォンに比べて機能が限られていたと話す。

 また議会は、ユーザーのIDとアクセス管理(IAM)、モバイルデバイス管理(MDM)、ファイルとデータの保護機能のサポートのためにMicrosoft Enterprise Mobility Suiteを検討した。

 シュロップシャー州議会は、BlackBerryのセキュリティ確保に使用していたBlackBerry Enterprise Serverのデバイス管理機能を、MicrosoftのIntuneにリプーレスした。

 BlackBerryからLumiaへの移行に際し、議会が直面した課題の1つは自動登録だ。

ITmedia マーケティング新着記事

news134.jpg

B2BサービスサイトにおけるCVの58%はトップページからの直行――WACUL調査
CV(コンバージョン)を目的としたWebサイトの改善に必要な施策とは何か。4つのデータに...

news131.jpg

星野リゾートの「市場との対話の仕組み」とは?
新型コロナウイルス感染症(COVID-19)拡大という大ピンチに観光・宿泊業が生き残る鍵と...

news155.jpg

2020年上期インターネット広告市場動向と下期業種別出稿動向予測――サイバー・コミュニケーションズ調査
国内のデジタルマーケティング業界の関係者を対象にした、新型コロナ禍におけるインター...