2015年04月16日 08時00分 公開
特集/連載

注目の“Apple Watchの業務利用”、スマートウオッチが必要な場面とは?腕にはめたデバイスを使うのが適切な状況?

Apple Watchによってスマートウオッチ市場が本格的に始動した。コンシューマライゼーションはこのデバイスでも発生するのか? 業務利用が必要なシナリオとは?

[Cliff Saran,Computer Weekly]
Computer Weekly

 話題のデバイスApple Watchが4月24日に発売されるという発表があった翌日、米Appleのアプリストアには早くもこのデバイス向けのアプリが30以上公開されていた。この新しいウェアラブル端末は、企業でも普及するだろうか。

Computer Weekly日本語版 4月15日号無料ダウンロード

本記事は、プレミアムコンテンツ「Computer Weekly日本語版 4月15日号」(PDF)掲載記事の抄訳版です。本記事の全文は、同プレミアムコンテンツで読むことができます。

なお、同コンテンツのEPUB版およびKindle(MOBI)版も提供しています。


 今や高級時計の代名詞となったスイスのRolexが設立されてから100年余りで、Appleが時計メーカーの仲間入りをした。また韓国Samsungや米Microsoftなどの他企業も、スマートウオッチやウェアラブル端末の市場への参入を図っている。

 米調査会社Gartnerのアナリストによると、フィットネス用品としてのウェアラブル端末の市場規模は、2014年は7000万ドルだった。この市場は大きく伸びて、2017年には1億7000万ドル規模になると予測されている。しかもコンシューマー向けのフィットネスアプリばかりがビジネスチャンスではなく、ソフトウェア開発者にとっても好機が訪れている。

 「Five urgent truths about the future of wearables」(ウェアラブル端末の将来について差し迫った5つの真実)と題したリポートで、米調査会社Forrester Researchのアナリスト、JP・ガウンダー氏は次のように分析している。

ITmedia マーケティング新着記事

news156.jpg

サイロ化の現実 75%の企業は部門間が連携せず、むしろ競争関係にある――Accenture調査
デジタル変革(DX)における不十分な事業部間連携は業績低下につながるというAccentureの...

news052.png

ゲーム業界がコロナ禍でTwitterを活用したコミュニケーションに注力した理由
コロナ禍において「巣ごもり消費」が拡大し追い風が吹いているといわれるゲーム業界だが...

news139.jpg

コロナ禍の観光に見える20の兆しとは? TBWA HAKUHODOなどが「観光復興ガイド」を公開
SNS上の旅行に対する価値観の激しい変化を分析し、そこから見えた20の新たな兆しとその後...