2015年06月23日 10時00分 公開
PR

メインフレームでワークスタイル変革、どこからでもアクセスして新たなイノベーションを実現する方法メインフレームが時代遅れとは言わせない

今なお多くの企業の基幹業務を支え続けているメインフレーム。グリーンディスプレイで操作をしている人も多いだろう。既存のアプリケーション手を加えず、どこからでもメインフレームにアクセスし、新たなイノベーションによりレガシーな環境から解放される秘策を紹介する。

[ITmedia]

 メインフレームというと「レガシー」「古い」といったイメージを想起される方が多いかもしれない。しかし、メインフレームは決して過去のものではない。それどころか、オープン系システムでは実現できない高度な信頼性、そして長年にわたって運用し続けてきたソフトウェア資産のノウハウを生かすために、今なお多くの企業の基幹業務を支え続けている。

 とはいえ、昨今のモバイルやクラウドといったICTトレンドを自社システムに取り込もうとすると、どうしてもオープン系システムに分があるように思われる。高度な信頼性や堅牢性を実現するメインフレームと、最新技術を駆使したイノベーション。この両者は、決して交わることがないものだと長らく考えられてきた。

 しかし、こうした思い込みを根本から覆し、メインフレーム資産をスマートデバイスから自在に操ることができる手段があることをご存じだろうか。


提供:富士通株式会社
アイティメディア営業企画/制作:TechTargetジャパン編集部