2018年08月14日 10時00分 公開
PR

ツール導入だけでは不十分Salesforceでビジネス改革、わが社でもできること

現場は皆努力しているのに全社としては成果が上がらない――。そういった企業は「組織の連携不全」に陥っているのかもしれない。解決方法はあるのだろうか。

[ITmedia]

 「働き方改革が進まない」「意思決定が遅い」「営業力が弱い」「マーケティングが機能していない」――これらのうち1つくらいは自社の課題として心当たりがあるという人が多いのではないだろうか。あるいは全てが当てはまる企業さえあるかもしれない。というのも、これらの課題は往々にして、組織間の連携不足という、より根本的な問題から派生していることが多いからだ。

 社内の各部門では、それぞれの業務を効率化するためにさまざまなITツールの活用が進んでいる。とりわけ、ツール導入の効果が見えやすい営業やマーケティング活動の領域において、SFA(営業管理システム)やCRM(顧客関係管理システム)の導入や見直しに注目する企業は少なくない。

 しかし、ツールを導入したら何もかもうまくいくと考えるのは早計だ。組織の連携不足を解決するために本当に重要なのは、ITツールだけでなく経験に裏付けられた導入ノウハウだ。導入から実運用に至る過程で適切なサポートを受けられるか否かで、成果には雲泥の差が出るだろう。

 具体的にはどうすればいいのか。次のページで探ってみよう。

提供:NECソリューションイノベータ株式会社

提供:NECソリューションイノベータ株式会社
アイティメディア営業企画/制作:TechTargetジャパン編集部