2018年10月30日 10時00分 公開
PR

ガバナンス強化と働き方改革を両立可能?働き方改革、セキュリティ、BCPの全てを解決? たった一つのシンプルな仕組み

VDIの導入はさまざまなメリットを企業にもたらすが、IT担当者の負担は導入前と比べて変わらない、ということがある。なぜそんなことになるのだろうか。

[ITmedia]

 エンドポイントセキュリティをどのように実現すればよいか──多くのIT担当者を悩ませている課題の一つである。ストレージの暗号化やMDM(モバイルデバイス管理)導入など、解決できる仕組みは幾つかあるものの、利便性と両立させるのは至難の業だ。

 そこで注目を集めているのが仮想デスクトップだ。働き方改革の機運の高まりに応じてVDI(仮想デスクトップインフラ)導入を検討した企業も少なくないだろう。しかし、この素晴らしい仕組みに見えたVDIだが、活用が進むにつれて課題が見えてきた。

 VDIは運用に際してパフォーマンス維持に気を配ったり、パッチ適用やメンテナンスを実施したりしなければならないため、一般的に見ても管理の負荷は小さくない。従来と同じOSを利用するためアップデートの管理も必要だ。ユーザーが部署異動をした場合には、業務アプリケーションの設定をし直さなければならない。

 とはいえ、仮想デスクトップは魅力的なツールだ。時間や場所を問わない働き方の実現というメリットだけでなく、セキュリティにも役立つ。セキュアなサーバ内にユーザー環境を持ち、端末上にデータを持たないため、紛失や盗難による情報漏えい防止につながるのだ。環境をクラウドに展開しておけば、会社が災害に巻き込まれた場合でも事業継続が可能となるため、BCP(事業継続計画)対策としても有用だ。

 難しい課題を解決しつつ、仮想デスクトップを活用する方法はあるのだろうか。仮想デスクトップに詳しいベンダーに話を聞いた。

提供:株式会社エヌ・ティ・ティ ネオメイト、株式会社ネットワールド、ヴイエムウェア株式会社

提供:株式会社エヌ・ティ・ティ ネオメイト、株式会社ネットワールド、ヴイエムウェア株式会社
アイティメディア営業企画/制作:キーマンズネット編集部