2018年11月16日 10時00分 公開
PR

EMCジャパン株式会社提供ホワイトペーパー技術/コスト両面から解説、重複排除ソリューション選びの要注意ポイントとは?

重複排除システムは全て同様に作られているという誤解があるが、効率化と高速化の手法や、実際にデータが信頼性の高い方法でリカバリーできるかについては大きな違いがある。技術/コストの両面から、適切な製品選びのポイントを解説する。

[ITmedia]

 重複排除ソリューションはストレージとネットワークの要件を緩和できるが、全てのシステムが同様に作られているというのは大きな誤解だ。効率化と高速化の手法や、実際に重要なデータが信頼性の高い方法でリカバリーできるどうかについては、製品によって大きな違いがある。

 例えば、重複排除プロセスの分散機能だ。システムの能力を一意のデータの特定とディスクへの書き込みに集中させるためには、バックアップサーバまたアプリケーションクライアントにプロセスの一部を分散させることが有効となる。この機能はバックアップ規模が大きいほどメリットが多く、パフォーマンス向上以外にもCPU利用率の削減やバックアップの高速化のほか、使用する帯域幅が少なくなることでワークロード削減も期待できる。

 こうした節約効果に加え、何より重要になるのは、ユーザーが必要とする規模、パフォーマンス、効率的なレプリケーションを提供し、データの整合性を保護できるかどうかだ。本資料では、理想的な重複排除ストレージソリューションを選ぶためのポイントを、技術とコストの面から詳細に解説する。

問い合わせ先

会社名 Dell EMC(EMCジャパン株式会社)

TEL 0120-800-498