2018年11月16日 10時00分 公開
PR

EMCジャパン株式会社提供ホワイトペーパー自動化で複雑化するワークロードに対応、データ保護を変革するHCIの実力とは?

データ保護の重要性が増す一方、ITインフラの要件が複雑化したことで、管理負荷増大の要因となっている。そうした課題を解決するには、ワークロードの規模が増しても拡張性とパフォーマンスを確保できるデータ保護アーキテクチャが必要だ。

[ITmedia]

 近年、データ保護は単なるバックアップという意味を超え、顧客の信頼を得る上での重要な役割へと変化し、ITインフラ近代化の中核となっている。しかし、ビジネスニーズの急速な変化によりITインフラの要件が複雑化するにつれ、データ管理作業の負荷は急速に増大している。

 そうした流れに対応するには、適切なデータ保護ソリューションによってインフラを管理するだけでなく、デジタル変革の観点で顧客データなど情報資産を保護することが不可欠だ。特にデータ保護アーキテクチャを選択する上では、ディザスタリカバリー、セキュリティ、信頼性、管理性、コスト効率といった要件はもちろん、ワークロードの規模や複雑さが増しても、拡張性と性能を確保できることを基本に据える必要がある。

 こうした要件において効果的なのが、自動化により運用負荷とTCOを削減し、変化の激しいビジネス環境におけるデータ保護を向上させるHCI製品だ。本コンテンツでは、同製品が持つメリットを解説しながら、そのデータ保護ポートフォリオの中心に位置するバックアップアプライアンスの特長について紹介する。

問い合わせ先

会社名 Dell EMC(EMCジャパン株式会社)

TEL 0120-800-498