2018年11月26日 10時00分 公開
PR

ストレージがビジネスにイノベーションを起こす? 不思議な相関関係が示すものデータ中心のビジネスを加速させるには?

「わが社でもデジタルトランスフォーメーションを」と改革に前向きな企業担当者が見落としがちな点は、その環境を支えるインフラだ。特にデータが中心となるこれからのビジネスではストレージの検討が重要になるだろう。

[TechTargetジャパン]

 現代企業にとって、デジタルトランスフォーメーション(DX)は世界的な競争力を身に付け、厳しいビジネス環境を勝ち抜くために欠かせない取り組みの一つである。DXを支えるのはITの力だ。

 当然、レガシーなITのまま新しい取り組みを進めることはできない。DXのためにはまず「ITトランスフォーメーション」が欠かせないというわけだ。

 ITトランスフォーメーションの目的は、システムのパフォーマンスや利便性を向上させることで不必要な負担を減らし、生産性を向上させることだ。そうすることで従業員がより「イノベーティブ」な取り組みに注力できる環境を整えるのである。

 そうした改革を実践する上で、中心的存在となるのがストレージだろう。ストレージ技術は、データを中核とする現代ビジネスにおいて、あらゆるITのパフォーマンスや利便性を支える重要な要素である。

 ストレージを検討するには、さまざまな最新のストレージ技術を理解すると同時に、適材適所で技術・製品を選定する目を磨き、ベンダーサポートを含めた運用領域まで幅広い視野を持つ必要がある。2018年10月に開催されたイベント「Dell Technologies Forum 2018」のセミナー内容を基に、ストレージ製品の検討ポイントを解説する。


提供:Dell EMC(EMCジャパン株式会社)
アイティメディア営業企画/制作:TechTargetジャパン編集部