2019年06月19日 10時00分 公開
PR

レノボ・ジャパン提供WebキャストWeb会議の「音質・接続・共有」の課題を解消、動画で探る専用デバイスの実力

Web会議のニーズが高まる一方、インフラ整備はその需要に追い付いておらず、音質や接続方法、画面共有の手順などに課題を抱える企業は多い。そうした問題を解決し、スマートな会議を実現する専用デバイスの実力を、動画で詳しく紹介する。

[ITmedia]

 複数拠点をつなぐコミュニケーションが日常的になる中、「Web会議」へのニーズがいっそう高まっている。一方、会議室側のインフラ整備はその需要に追い付いていないのが現状で、音声品質や画面共有、社外からの接続手順の複雑さなどに課題を抱える企業は少なくない。

 こうした問題を解決するのが、小規模会議室向けのWeb会議専用デバイスだ。タッチスクリーンに触れるだけの直観的なインタフェースで、Skype for Businessの各機能を使いこなすことができる。また360度全周マイクスピーカーによるクリアな音質を確保し、やりとりのストレスを軽減する。さらにWindows 10 IoT Enterpriseの搭載により、セキュリティなどもPCと同様の管理体系で運用可能だ。

 本コンテンツは、この専用デバイスの機能と実際の運用方法を紹介するWebキャストだ。Skype for Business利用のためのOffice365リソースアカウントなど、必要な事前準備の説明に加え、質疑応答も行っているため、導入検討の資料として活用してほしい。

提供:レノボ・ジャパン株式会社

提供:レノボ・ジャパン株式会社
アイティメディア営業企画/制作:TechTargetジャパン編集部