2018年12月10日 10時00分 公開
PR

運用の負荷軽減へ生産性低下を招く「ファイルサーバ運用疲れ」にどう対処するか

ファイルサーバを適切に運用するのは意外と難しい。管理を厳しくすればユーザーに負荷がかかり、自由にし過ぎると管理する側のメンテナンス負荷が増えてしまう。どうすればいいのか。

[ITmedia]

 ファイルサーバは今や、業種・業態や企業規模の大小を問わず、あらゆる職場にとって当たり前の存在となった。ユーザーにとって、他のユーザーと共有したいファイルや一時的に保管しておきたいファイルをそのまま放り込んでおける便利な場所である。

 手軽に利用できる半面、管理が粗雑になりがちなのも事実だ。不要なファイルが大量にたまった結果、あっという間にファイルサーバの容量が枯渇してしまうこともよくある話だ。

 IT部門としては、ファイルサーバを無駄なくセキュアに運用するために、ユーザーに整理整頓を促したい。しかし当のユーザーにしてみれば、不要なファイルを区別する作業自体が負荷となる。

 一定の割り当て分以上を利用できないようにすればいやでもファイルサーバを整理せざるを得なくはなるが、そうなれば行き場のなくなったファイルがローカルにため込まれることになりかねない。これでは本末転倒だ。

 多くのユーザーのニーズを満たし、かつ運用の負荷が過剰にならないような適切な運用を実現するには、どうすればいいのか。

提供:株式会社ジャストシステム

提供:株式会社ジャストシステム
アイティメディア営業企画/制作:TechTargetジャパン編集部