2018年12月18日 10時00分 公開
PR

働き方改革に向けたシステム対応の死角はどこにあるかWin 10導入における働き方改革のポイント

働き方改革に向けたシステム整備は、考える以上にやるべきことが多い。だが、最も基本的なクライアント端末のOSを忘れてはいないだろうか。OSが大きなセキュリティリスクとなり得る。

[ITmedia]

 働き方改革を実践しようと考える企業は、セキュリティソリューションやツール、アプリケーションの導入ばかりを考えがちだが、それらをセキュアな環境で利用するには、まず土台となるクライアント端末のOSに目を向けたい。2020年1月に「Windows 7」のサポートが終了するが、多くの企業が未対応もしくは検討段階だという。

 「Windows 10」はOSをサービスとして提供する「WaaS」(Windows as a Service)という概念の下で設計されたため、Windows 7とはアップデートの提供形態も大きく変わる。アプリケーションの互換性の問題などもあり、考えるべきことは多い。できるだけ早い段階で対応して後々の運用管理も考えたいが、目の前の業務で手いっぱいでそこまで考えられていない企業も多いのではないだろうか。

 OSの移行からアプリケーションの導入までを一気通貫でシンプルに解決するにはどうすればよいか。本稿ではそのコツを紹介したい。


提供:富士ソフト株式会社、日本マイクロソフト株式会社
アイティメディア営業企画/制作:TechTargetジャパン編集部