2018年12月26日 10時00分 公開
PR

「急に言われても予算が」とならないために「3カ月後、容量が不足します」 運用管理者の代わりに未来予測するストレージ

ストレージの容量枯渇対策に運用担当者は頭を悩ましている。監視ツールがあってもストレージごとに異なっていたり、それぞれ操作や表示が違って戸惑ったりする状況では適切な運用管理は難しい。解決する方法はあるのか?

[TechTargetジャパン]

 テキストファイルのように小さなデータも業務システムで扱う大きなデータも、企業が持つデータであれば何らかの共有ストレージに蓄積されている。ストレージは部屋のようなもので、満杯になればそれ以上入らない。つまり、データが書き込めなくなってしまう。そうならないようにシステム管理者はいつもストレージの空き容量に気を使っている。

 いざストレージの空き容量が不足したら、不要なデータを削除するか、ストレージ容量を増量しなければならない。ただ、そうなってから予算を計上したり、作業予定を立てたりするのでは間に合わない。もし分かるのであればできるだけ早めに「いつごろ空き容量がなくなるのか」を知りたいとシステム管理者なら考えるだろう。

 だが、幾つものストレージを導入している企業の場合は簡単にはいかない。ストレージごとに異なるツールを使って、ストレージを監視するのは効率の点で現実的ではない。監視するのであれば統合的かつ効率的でなければならない。

 空き容量を事前に予測し、効率的にストレージ管理をする。この難しい問題を解決できるソリューションがあるという。それはどういったものなのだろうか。

問い合わせ先

会社名 Dell EMC

URL https://www.dellemc.com/ja-jp/index.htm

提供:Dell EMC(EMCジャパン株式会社)

提供:Dell EMC(EMCジャパン株式会社)
アイティメディア営業企画/制作:TechTargetジャパン編集部