2019年01月16日 10時00分 公開
PR

働き方改革を身近なプリンタで残業時間と人手不足の問題を解決――3つのケースで学ぶ効率化の鍵

資料や伝票の作成など、プリント作業は意外にも多くの時間と人手を必要とする。紙の出力が不可欠な資料や伝票で、残業が発生することは本質的ではない。仕事のやり方を劇的に変え、人手不足や残業時間を解消する方法がある。

[ITmedia]

 働き方改革の文脈では「業務効率化」「リモートワーク」といったキーワードが取り上げられることが多いが、実は多くの企業が解決したい課題は「残業時間の削減」だ。2019年4月に施行される「働き方改革関連法」の中にも「時間外労働の上限規制」が盛り込まれ、助成金などの支援も用意された。

 しかし残業時間を減らすことは容易ではない。オフィスの中で意外にも多くの時間を使っている作業がある。例えば会議や打ち合わせ、セミナーやイベントでの資料配布、請求書や納品書の発行といった「プリント作業」の仕事が月末月初に重なり、業務時間を圧迫したという経験は誰もが持つ。ペーパーレスが叫ばれる今もプリント業務は必ず発生する。本質的ではないプリント業務で残業が増え、やるべき仕事に手が回らないようでは、働き方改革は実現できない。

 プリント作業の時間を短縮化し、本来の業務に時間を使うにはどうしたらよいのか。解決の鍵は「プリンタ」の見直しにあった。

提供:理想科学工業株式会社

提供:理想科学工業株式会社
アイティメディア営業企画/制作:TechTargetジャパン編集部