2019年01月15日 10時00分 公開
PR

デル株式会社提供ホワイトペーパーファームウェアを狙う攻撃も防御、最新サーバが備える物理セキュリティの実力

デジタル技術による変革が進む現代のビジネスにおいて、サイバーセキュリティの重要性は増している。OSやアプリを狙ったマルウェアだけでなく、ハードウェアやファームウェアレベルでサーバを狙う攻撃に対応するために必要なものとは?

[ITmedia]

 ビジネスにおいて膨大なデータの活用が求められるようになった現在、データを管理・活用するITインフラのセキュリティはますます重要になっている。あるセキュリティ調査組織によると、積極的にセキュリティ対策を進めている企業の50%以上が依然としてマルウェアに感染し、17%がそのインシデントによって重大な影響を被ったという。

 このような状況では、マルウェアからOSやアプリケーションを守るだけではもはや十分とはいえず、サーバをハードウェア、ファームウェアレベルで防御することが必要となる。そこで注目したいのが、ハードウェア、ファームウェアの脆弱性を狙ったサイバー攻撃にも対応可能なアーキテクチャを採用したサーバ製品だ。

 本資料では、暗号化形式を用いて検証された信頼性の高いブート、暗号化されたデータストレージ、署名されたファームウェアの更新、サプライチェーンの整合性とセキュリティなど、効果的な保護と迅速なリカバリーを実現する数々の機能を紹介する。この選択をすることの優位性と必要性をぜひ確認してもらいたい。