2019年01月15日 10時00分 公開
PR

Dell EMC(EMCジャパン株式会社)提供ホワイトペーパーNVMeの速度を最大化、次世代フラッシュストレージに見る最新技術とビジネス価値

ストレージの進化が止まらない。NVMeやSCMなどの最新技術は、ストレージの劇的な高速化をもたらしたが、そのパフォーマンスを最大限に生かして、ビジネスの新たな価値を創出するためには、アレイ自体の能力向上も求められる。

[ITmedia]

 フラッシュストレージにまつわる技術の進化が止まらない。PCI Expressバスを通じたメディアアクセスを実現するNVMe、リモートデバイス向け通信プロトコルのNVMe-oF、DRAMに匹敵するパフォーマンスを誇るSCM(ストレージ クラス メモリ)などの登場は、ストレージの劇的な高速化、I/Oレイテンシの低減をもたらした。

 しかし、これらのテクノロジーを、サイロ化して複雑さを極めた既存のデータセンターに追加するだけでは、その優れたパフォーマンスの恩恵を受けることはできない。また、こうしたストレージを搭載するアレイそのものの、ハードウェアとソフトウェア両面の最適化も欠かせない要件となっていくだろう。

 本コンテンツでは、フラッシュストレージ技術の最新動向とともに、それを最大限活用し、デジタル変革を促進するためのアプローチを提案する。ハイパフォーマンスストレージが、データセンターの複雑化をどのように解消し、コストをどれだけ削減するのかをぜひ確認してもらいたい。