2019年01月25日 10時00分 公開
PR

伊藤忠テクノソリューションズ株式会社提供ホワイトペーパーはるやまグループに学ぶ基幹系システム刷新、理想的なクラウド移行の秘訣とは?

オンプレミスの仮想化基盤では、ハードウェアの定期的な更改コスト・業務負担が付きまとう。スーツ専門店などを展開する、はるやまグループのクラウド化事例から、課題解消に加え、コスト削減と処理速度の向上を実現する方策を探る。

[ITmedia]
画像

 オンプレミスの仮想化基盤では、保守期限切れによる更改や保守・運用などのコスト課題が付きまとう。物理基盤を所有しない手もあるが、パブリッククラウドでは仮想マシンごとにかかるコストやメンテナンスのタイミングをコントロールできないなどの課題が残る。そこで、郊外型スーツ専門店などを展開する、はるやまグループが採用したのがプライベートクラウドサービスだった。

 ハードウェアの保守期限に対応する必要がなくなり、仮想化基盤の運用管理業務からも解放される。特に、同社が選んだサービスはVMwareを基盤とし、VMware vSANテクノロジーを活用してストレージを専有型として提供することで、ハイパーコンバージドインフラと同等の環境を構築できるものだった。専有型のため機密性も高く、高IOPSのSSDが提供されることも魅力だ。

 また、これらのメリットを実現した背景には、VMwareのパートナー企業向けプログラム「VMware Cloud Provider Program」を採用したプライベートクラウドサービスの存在もあったという。本コンテンツでは、同社の事例から、基幹系システムのクラウド移行を成功させるポイントを明らかにする。