2019年02月04日 10時00分 公開
PR

リモートワークに多額のコストは不要リモートワークの不安を極限まで減らす「データレスPC」 なぜ実現できるのか?

働き方改革の切り札としてテレワークの導入が期待される。しかし導入時には多様な点を考慮する必要があり、本腰を入れて検討できていないIT担当者が少なくないのではないか。

[TechTargetジャパン]

 少子高齢化を背景に労働人口の先細りが予想され、生産性を高めるために働き方改革の必要性が高まっている。働き方改革の切り札になるのが、ITを活用したテレワークの実現だ。

 ただし、テレワークの重要性は理解していても、導入に踏み出せていない企業が目立つ。IT担当者の業務負荷が高いため環境整備に手が回っていないことや、既存のテレワークの手法やツールに潜む課題が障壁となっていることが、導入に踏み切れない主な原因ではないだろうか。

 多額の費用を投じることなく、テレワーク導入の壁を突破できる方法はあるのだろうか。現状の課題とそれに対する最新の手法を新たな観点で紹介する。

提供:株式会社 日本HP、横河レンタ・リース株式会社

提供:株式会社 日本HP、横河レンタ・リース株式会社
アイティメディア営業企画/制作:TechTargetジャパン編集部