2019年02月12日 10時00分 公開
PR

「外」よりも「中」のトラフィックが重要?「次世代のHCI」があればネットワーク担当者がいらなくなる? HCIの最新情報

HCIが登場してから時間がたち、求められる役割も変わりつつある。今後、さまざまな役割での活用を求められるHCIに必要なもの、それは「ネットワーク」だ。

[TechTargetジャパン]

 オンプレミスシステムを構築するとき、サーバやストレージ、仮想化ソフトウェア(ハイパーバイザー)などを個別に選定、調達して組み合わせて利用する手法は、もはや旧式のものとなった。現在の主流はサーバやストレージ、ハイパーバイザーを一体化した「HCI」(ハイパーコンバージドインフラ)である。

 そしてHCIも、新しい世代を迎えようとしている。

 今やHCIの用途は単一のシステムを稼働させるだけではない。ネットワークを通じてさまざまなハードウェア同士が連携し、強力なリソースを提供したり、有事に備えたDRとして利用したりできる。そういった幅広い活用がHCIに求められている。さらにオンプレミスでのシステムが将来的に成長していったり、クラウドに進出したりしても、慌てず対処できるアーキテクチャも必要とされている。

 ネットワークと強力に連携し、一元的な運用を実現する「次世代のHCI」。難易度の高いこの要望をかなえられるHCIとはどういったものなのだろうか。詳しく見ていこう。

提供:Dell EMC(EMCジャパン株式会社)

提供:Dell EMC(EMCジャパン株式会社)
アイティメディア営業企画/制作:TechTargetジャパン編集部