2019年01月30日 10時00分 公開
PR

日本ヒューレット・パッカード株式会社提供Webキャスト人材不足に悩む運用現場をAIと自動化は救えるのか? 識者が語る運用最前線

業務領域が拡大する一方で、人手は増えない──人材不足に悩む運用現場をどう解決すればいいのだろう。その解決策として期待されるAIと自動化だが、導入には乗り越えるべきハードルも多い。この取り組みの最前線を、3人の識者に聞いた。

[ITmedia]

「HPE ONLINE-未来を加速する-」の注目Webキャスト

 運用管理者の環境はここ10年で大きく変化した。インフラ管理だけでなく、Webアプリやシステムなど管理対象が増加し、仮想化やセキュリティの対応なども業務範囲に含まれるようになった。一方で、管理者の人員は増えず、働き方改革を進めるため残業も許されない、となれば日々の業務が終わらないというのが本音だろう。

 そこで運用業務の自動化を図りたいところだが、全体的な自動化には業務の標準化が欠かせず、自動化ツールを構築する人材も必要になる。また、運用の効率化や障害の判断などにAIを活用する動きもあるが、これも導入のハードルは高い。その両方の課題を解決しようというのが、AIと自動化を組み合わせた、AI主導型の運用サービスだ。

 世界で日々収集されるデータをデータサイエンティストが分析。その知見を生かしたAIが、環境を監視するセンサーデータから幅広い問題の予測・回避を行うという。本コンテンツでは、こうした運用の現状や解決策を、ITの最前線で活躍する識者3人が語り合う。運用現場が向かう先を、本動画で確かめてほしい。

動画を閲覧いただくには

 みなさまがお持ちのTechTargetジャパン会員情報でHPE ONLINE-未来を加速する-のコンテンツをご覧いただけます。


photo 1.黄色枠のカテゴリを選択してください。
photo 2.黄色枠の動画をクリックいただくと、動画が閲覧できます。

※TechTargetジャパン メンバーシップにログインした状態で以下の個人情報の取り扱いへのご同意とアンケートにご回答の上、[次へ]ボタンをクリックすると、「HPE ONLINE-未来を加速する-」への登録が完了します。登録完了後、「HPE ONLINE-未来を加速する-」にご登録のメールアドレスでログインの上、メニューページにてご希望のコンテンツをお選びください。
本Webキャストはコンテンツタイトル「IT人材不足が深刻化!運用「自動化」によるサバイバル術」よりご覧ください。