2019年01月31日 10時00分 公開
PR

クラウドを徹底活用した働き方改革働き方改革の「必須」ラインはこれ モバイルワークが定着しない要因は?

労働人口が減少する中、企業は従業員の働き方を抜本的に変え、生産性を上げる必要がある。にもかかわらず、働き方改革が成功したという話はなかなか聞こえてこない。何が原因で、何を変えるべきなのだろうか。

[TechTargetジャパン]

 「働き方改革」という言葉は定着したものの、その取り組みはなかなか現場に定着しないのが現実だ。

 官民共に少子高齢化に伴う労働人口の減少に強い危機感を覚えている。今後、企業の現場を支えてきたベテラン従業員が高齢化に伴い退職する。一方で少子化の流れは止まらず、労働者の数は右肩下がりに減少する。企業がこうした状況に対処し、現状の事業を継続するには、在宅勤務やモバイルワークといった新たな働き方を推進し、業務の効率化を図るとともに、育児中の女性など仕事の現場を離れがちだった人材も積極的に登用していかなければならない。

 働き方改革を定着させるためには、何が必要なのだろうか。働き方改革の阻害要因が何なのか、そしてそれを解消するためにやるべきことを解説しよう。

提供:ヴイエムウェア株式会社、株式会社ネットワールド、日本ビジネスシステムズ株式会社

提供:ヴイエムウェア株式会社、株式会社ネットワールド、日本ビジネスシステムズ株式会社
アイティメディア営業企画/制作:TechTargetジャパン編集部