2019年02月01日 10時00分 公開
PR

デジタルマーケティングの生産性を向上させるCMS日本企業が世界で戦えるWebサイトを作るために必要なこと

一貫性のあるブランド体験のためのコミュニケーション基盤を、市場展開のスピードを損なうことなく運営するにはどうすればいいか。グローバル企業のWebサイト構築を成功させる秘訣(ひけつ)を探る。

[ITmedia]

 Fortune 500企業に選ばれる大企業の多くが、Webサイトの構築にオープンソースCMS(コンテンツ管理システム)「Drupal(デュルーパル)」を採用しているという。Drupalは、高度な機能性とオープンソースならではの柔軟性と拡張性の高さに定評があるが、日本では先進的なユーザー企業にしかまだその存在を知られていない。

 その背景には、欧米に比べてオープンソースソフトウェア(OSS)に対する理解が国内ではまだ浅いことや、独自開発の歴史が長く、外部ツールを受け入れにくい企業風土など、日本独特の理由もあるようだ。

 Drupalは高度なコンテンツ管理機能を実装しており、デバイスに依存せずに一貫したブランドイメージを顧客に提供するカスタマーエクスペリエンスの向上を促す。全世界に向けて情報を発信する必要のある大規模Webサイトには本来、有力な選択肢であるはずだ。

 世界水準のツールを軸に、日本企業がデジタルマーケティングの生産性を抜本的に向上するために必要なこととは何か。以下のページで探る。

提供:アクイアジャパン合同会社

提供:アクイアジャパン合同会社
アイティメディア営業企画/制作:TechTargetジャパン編集部