2019年02月05日 10時00分 公開
PR

日本ヒューレット・パッカード株式会社提供Webキャストクラウド移行が最適解とは限らない、非機能要件も考慮したクラウド活用法

組織がクラウドのメリットを最大限活用するためには、多種多様に展開されるクラウドサービスの中から最適なものを選び、オンプレミスも含む最善の組み合わせを追求しなければならない。ハイブリッドITは、それを実現するための考え方だ。

[ITmedia]

「HPE ONLINE-未来を加速する-」の注目Webキャスト

 クラウドはSaaS、PaaS、IaaSといった3区分以上にサービスモデルが増え、活躍する領域をさらに広げている。だからといって、全てをクラウド移行するのは早計だ。例えば、クラウド移行によってハードウェア管理こそベンダー側で担うものの、バージョンアップの追従、監視、パッチ適用などの運用管理負担は残る。

 効率的なクラウド移行方法として、既存環境をそのままクラウド化するリフト&シフト方式が注目されるが、これも簡単な方法とは言い切れない。仮想マシンのホストサーバがダウンした時の自動復旧、フェイルオーバークラスタからログシップ型への転換などといった非機能要件の実装の手間はかかるからだ。

 そこで、本コンテンツが推奨するのが、パブリッククラウド各社が提供する豊富なサービスを利用する“いい感じ”のクラウド活用法だ。非機能要件を考慮してIaaSに移行せず、PaaSと既存の仮想化基盤を効率的に両立させるポイントを、事例も交えて解説する。

動画を閲覧いただくには

 みなさまがお持ちのTechTargetジャパン会員情報でHPE ONLINE-未来を加速する-のコンテンツをご覧いただけます。


photo 1.黄色枠のカテゴリを選択してください。
photo 2.黄色枠の動画をクリックいただくと、動画が閲覧できます。

※TechTargetジャパン メンバーシップにログインした状態で以下の個人情報の取り扱いへのご同意とアンケートにご回答の上、[次へ]ボタンをクリックすると、「HPE ONLINE-未来を加速する-」への登録が完了します。登録完了後、「HPE ONLINE-未来を加速する-」にご登録のメールアドレスでログインの上、メニューページにてご希望のコンテンツをお選びください。
本Webキャストはコンテンツタイトル「マルチクラウドの調理法 Master the Cloud Cliff - クラウドの壁を克服する -」よりご覧ください。