2019年03月08日 10時00分 公開
PR

「企業ITの道を切り開く」インフラとはハイブリッドにマルチクラウド ITインフラの「次」は何が来る?

「いずれクラウドに移行するかもしれないが、今はオンプレミスが必要だ」という企業は少なくない。いつか来るクラウド移行を考えた場合、どのようなインフラを選ぶべきか?

[TechTarget]

 企業システムを更改するに当たって、プラットフォーム選びは非常に重要な要素だ。昨今の主流は仮想化環境であり、導入しやすく運用しやすく、ストレージコストを抑えられる「HCI」(ハイパーコンバージドインフラ)が注目されている。

 しかし、安易に「HCIならどんなものでも大丈夫だ」と考えるのは早計だ。検討しなければならないのは“HCIの次”だろう。だが未来を正確に予測することは難しい。そのためオンプレミスとクラウドの両方を視野に入れたハイブリッドなシステムを構築、運用することが現時点での最適解といえる。

 本稿では、クラウドを目指したオンプレミスシステムの在り方と、将来的なアーキテクチャの拡張性や柔軟性を考えた場合のインフラについて紹介する。

提供:EMCジャパン株式会社

提供:EMCジャパン株式会社
アイティメディア営業企画/制作:TechTargetジャパン編集部