2019年02月21日 10時00分 公開
PR

中小規模ネットワーク運用のポイント「万年1人情シス」でも安定したネットワーク環境をカンタンに維持する方法とは

自社のシステムを少数の体制で維持する企業にとって、ネットワークの運用管理は面倒であり、IT担当者を悩ます大きな問題だ。だが、この問題をシンプルに解決する方法があるという。

[ITmedia]

 ここ数年で業務アプリケーションのクラウド化が進み、PCだけでなくモバイル端末を業務で利用するシーンも増えた。また、組織の壁をなくすためにオフィスのフリーアドレス化を推進する企業もある。

 このようなワークスタイルの変化に対応する上で、無線LANは必要不可欠な存在になりつつあり、メイン回線を有線から無線LANに切り替える企業もある。

 問題となるのが「無線LAN運用」だ。IT担当者は既存システムの運用に加え、無線LANのアクセスポイント管理や障害対応も求められる。どこかのアクセスポイントで異常が発生し、リモートで原因を特定できなければ、IT担当者が現地へ足を運ばなければならない。

 だが、全ての企業の情報システム部門が潤沢な人的リソースを抱えるわけではない。特に中堅・中小企業の中には、いわゆる「1人情シス」といわれるように、ごく少数で自社の全システムを管理する組織もあるだろう。

 限られたリソースで自社のシステムを管理する企業に向けて、「無線LAN運用のシンプル化のコツ」を紹介しよう。

提供:Aruba Networks

提供:Aruba Networks
アイティメディア営業企画/制作:TechTargetジャパン編集部