2019年03月05日 10時00分 公開
PR

クラウドの幻想を現実に2ステップで簡単に移行――クラウドの壁を越える最適解とは

クラウド活用が広まり、オンプレだけではなく、複数のクラウドをまたがる移行や構築、運用が必要だ。しかし、このマルチクラウド環境下でのシームレスな移行や運用において、技術面・運用面を企業は解消できているだろうか。

[ITmedia]

 マルチクラウド環境をシームレスに運用管理できるようになれば確かに理想的だが、一般的な企業がそれを実現するには障壁は大きい。

 例えばオンプレミスのワークロードに加え、複数のクラウドサービスに対応する技術者を確保できるだろうか? クラウド間のワークロードの切り替えをリスクなく設計できるだろうか? 万一のトラブル発生時に安全にデータを退避させる方法を設計できるだろうか? ――現実にこの課題を解消できる企業はそう多くないだろう。

 個別の環境ごとに専門技術者を抱えられるようなリソースがない一般的な企業は、マルチクラウドがもたらす「柔軟でコスト最適かつ戦略的なITインフラ」の利益を諦めるしかないのだろうか。この課題を丸ごとプラットフォームとして吸収する技術を提供するベンダーが出現した。本稿ではその技術詳細を紹介する。

提供:Veeam Software Japan 株式会社

提供:Veeam Software Japan 株式会社
アイティメディア営業企画/制作:TechTargetジャパン編集部