2019年03月07日 10時00分 公開
PR

シンクライアント最前線シンクライアントは使えない? 働き方改革におけるVDI成功に必要な3つの条件

働き方改革を背景に、あらゆる場所に分散した端末のセキュリティを確保する方法としてシンクライアントに注目が集まる。しかし「シンクライアントは使えない」とFAT端末に戻るケースも散見される。その原因と解決策とは。

[ITmedia]

 働き方改革を背景に、在宅勤務をはじめとするテレワークが浸透している。だが企業が管理するネットワーク環境の外に端末が分散し、あらためてセキュリティの強化が求められる。解決策の一つとして注目されたのが、アプリケーションやデータ、セキュリティ対策を全てサーバに集約する「仮想デスクトップインフラ」(以下、VDI)だ。

 しかしVDI環境であってもセキュリティリスクを全て排除できるわけではない。WindowsやLinuxを基盤にしたクライアントを使用する場合、脆弱(ぜいじゃく)性を突くマルウェアやランサムウェアの感染リスクが残る。端末を持ち出した際には、第三者によるなりすましログインの可能性も払拭(ふっしょく)できない。

 また、ユーザーの利便性を考えると、自宅やサテライトオフィスとのコミュニケーションに必須となるWeb会議やビデオ会議をVDI環境で採用するには、相性の悪さや性能不足といった懸念が残る。セキュリティを確保しながら柔軟な働き方改革を進めるにはどうしたらよいのか。その鍵はエンドポイントにあった。VDIシンクライアントのメリットを最大化する方法を紹介する。

提供:デル株式会社

提供:デル株式会社
アイティメディア営業企画/制作:TechTargetジャパン編集部