2019年03月08日 10時00分 公開
PR

2019年度サイバーセキュリティ予測を速報脅威解析のプロが語る、AIと人が支えるエンドポイントセキュリティ運用の勘所

巧妙化するサイバー攻撃を背景に、企業はセキュリティ対策の運用負荷に苦しむ。“現実的なセキュリティ運用”をどう実現するのか。防御の最前線で活躍する脅威解析のプロが来たる2019年度のセキュリティ事情を予測し、対応策を提示する。

[ITmedia]

 対策の重要性が認識されているにもかかわらず、サイバーセキュリティを巡る情勢は楽観できない。さまざまなセキュリティ製品を導入しても、日々発せられるアラートへの対応に振り回され、現場の負荷はむしろ増している状態だ。

 どのように脅威に向き合い、対策を打てばよいのか。防御の最前線で活躍する脅威解析のプロが、2019年度のセキュリティを取り巻くトレンドを予測し、企業が取り組むべき現実的な解決策を解説する。ある企業は、これによってIT情報システム部門のセキュリティ対策に関わる工数を大幅に削減できた。本稿で詳しく紹介しよう。

提供:Cylance Japan株式会社,テクマトリックス株式会社

提供:Cylance Japan株式会社,テクマトリックス株式会社
アイティメディア営業企画/制作:TechTargetジャパン編集部