2019年03月11日 10時00分 公開
PR

デジタル変革の推進に必要なインフラ要件CPU使用率の高稼働に悩むアコムがメインフレーム更改に踏み切った理由

デジタル変革に力を注ぎ、そのシステム基盤を担うメインフレームのCPU負荷が増大していたアコムが1年半後にCPU使用率上昇の危機に直面。どのように乗り越えたのか。

[ITmedia]

 アコムは、“個人ローン市場において社会に信頼される「リーディングカンパニー」を目指す”という経営ビジョンの下、「ローン・クレジットカード」事業、「信用保証」事業、「海外金融」事業を中核3事業と位置付け、個人ローン市場でのさらなるシェア拡大に取り組んでいる。その中で、現在進めている中期経営計画(2017年3月〜2019年3月)では、重点課題の一つとして「進化するICTへの適応とシステム基盤の整備」を掲げ、デジタル変革に向けた取り組みにも力を注いでいる。

 ローン・クレジットカード事業においては、変化するWeb環境に迅速に対応し、PCやスマートフォンによるインターネットサービスを拡充。これに伴い、Webチャネルを通じた新規申込件数が大幅に増加したという。しかし一方で、ローン・クレジットカード業務のシステム基盤を担うメインフレームのCPU負荷が増大し、お客さまに安定的なサービスを提供するために、メインフレームのシステム更改が急務の課題となっていた。

 この課題を解決するために、アコムでは新たにメインフレームの入れ替えを実施し、CPUの負荷軽減および運用業務を改善した。本稿では、アコムが新たに採用したメインフレームについて、導入の背景や狙い、その効果について紹介する。

提供:日本アイ・ビー・エム株式会社

提供:日本アイ・ビー・エム株式会社
アイティメディア営業企画/制作:TechTargetジャパン編集部