2019年03月26日 10時00分 公開
PR

現場で小さく始める働き方改革問い合わせ対応の脱・属人化、メーラーから始める業務改革とは?

社内外からメールで寄せられる質問や相談に対応するだけで1日の業務がほぼ終わってしまうという経験をしたことはないだろうか。誰かの助けになる重要な業務だが、従来のやり方は生産性向上につながりそうもない。何か良い手はないか。

[Techtargetジャパン]

 どのような企業でも社内外から問い合わせが寄せられる人がいるだろう。特にコールセンター業務やサポートデスクに限った話ではない。例えば商品の値引き率を何度も確認されたり、同じ書類の申請方法をいろいろな人に聞かれたりする。メールに返信するにも時間がかかる。

 質問によどみなく答えるには、相応の知識と経験が必要だ。既知の内容であればよいが、にわかに答えられない場合も多い。答えを知っているメンバーを尋ねて回ったり、社内に散在する文書を掘り返したりしているうちに時間が過ぎ、いつまでたっても業務が減らない。

 メールによる問い合わせ対応という日常的な業務の生産性を、AI(人工知能)を活用して簡単かつ大幅に改善する方法がある。導入事例と併せて詳しく紹介しよう。

提供:NTTデータ先端技術株式会社、ソフトバンク株式会社

提供:NTTデータ先端技術株式会社、ソフトバンク株式会社
アイティメディア営業企画/制作:TechTargetジャパン編集部