2019年03月27日 10時00分 公開
PR

データ活用文化――その生産性を高める企業のデータ活用、もう1歩進めるにはどうすれば? 成長を促す活用のヒント

昨今のデジタルビジネスの継続的な成長に、データ分析が欠かせない。あらゆるデータを使い倒すための環境は整備できているだろうか。先進的な事例から企業のデータ活用のスピード感を高め、ビジネス成長につなげるためのヒントを紹介する。

[ITmedia]

 ビジネスの意思決定にデータを活用する取り組みは、もはや企業にとって常識だ。しかし「データ活用の成熟度を高めるための取り組みを実践している」と自信を持って言える企業は多くないのではないだろうか。かつてデータ分析のためのシステム環境を構築するには多大なコストや、手間と時間がかかっていたからだ。

 現在ではデータ分析の技術が進歩し、さらにシステムを手軽に導入できるクラウドの仕組みが登場したことで、以前よりもはるかに低コストかつ短期間でデータ活用のための環境を構築できるようになったことをご存じだろうか。

 データ活用はデータアナリストなど一部の専門家だけのものではない。データ分析を手軽に行う基盤とツールを業務に取り入れることで、さまざまな部門の従業員が膨大なデータにアクセスし、独自の発見を得られるようになった。つまり、誰でも簡単に本格的なデータ分析ができる時代になったのだ。こうした環境はどのようにして実現し、どのように活用すればいいのか、事例を基に紹介しよう。

提供:日本オラクル株式会社

提供:日本オラクル株式会社
アイティメディア営業企画/制作:TechTargetジャパン編集部