2019年11月05日 10時00分 公開
PR

デル株式会社 Small Business提供ホワイトペーパーオンプレ運用が企業成長の鍵、画像処理技術の研究開発を加速させたサーバ活用術

クラウドシフトがトレンドとなる一方で、クラウド移行が難しい重要システムを預けるオンプレミスサーバの選定が企業成長の鍵となり始めている。先端の技術・製品を開発する企業の事例から、オンプレミスにおけるサーバ活用のヒントを探る。

[ITmedia]

 近年、ITシステムのクラウド化が大きなトレンドとなる一方で、“企業の生命線”となるシステムを預けるオンプレミスサーバの重要性がさらに高まっている。特に研究開発や製品開発などの領域では、安全性、コスト、パフォーマンスの観点から、先進的な組織の間でもオンプレミスのサーバが積極的に活用されている。

 その一例となるのが、国内のAndroid端末の多くで採用される画像処理製品などを手掛ける技術者集団の企業事例だ。同社は、勤怠管理や経費精算にはクラウドサービスを利用しているが、基幹業務やアプリ開発、ディープラーニングなどには、それぞれの用途に適したサーバを選定し、オンプレミスで運用している。

 その理由として、同社は「クラウドではデータを完全に守る方策が見えないこと」「ディープラーニング用サーバのクラウド化はコスト面で見合わないこと」などを挙げている。そこで本資料では、同社が多彩なオンプレミスサーバ群をどのように活用して、クラウド化すること以上のメリットを得ているのかを探る。

提供:デル株式会社

提供:デル株式会社
アイティメディア営業企画/制作:TechTargetジャパン編集部/掲載内容有効期限:2019年5月27日