2019年04月02日 10時00分 公開
PR

デル株式会社提供ホワイトペーパーシステム開発に適したサーバ活用法とは? 顧客の多種多様な環境に対応する秘訣

ITシステム全般のコンサルティング、開発、販売を手掛けるアルス・ウェアー。同社は、納入先の多種多様な環境にどのように対応しているのだろうか。同社の事例から、柔軟な開発環境を構築・維持するためのサーバ活用法を探る。

[ITmedia]

 コンピュータシステムに関するコンサルティングから設計、開発、販売までを一貫して手掛けるアルス・ウェアー。同社では、顧客企業内の業務で使用されるシステムの開発業務を行っていることから、納入先の環境に合わせた開発環境を常に維持している。

 受注案件ごとにプラットフォームやOSも含む多種多様な環境を用意するために、同社では、12台のサーバと50台のクライアントPCを、サポート期限切れ時の延長や買い替えなどを随時検討しながら運用。さらに開発やテストのための基盤は、仮想化環境に展開することで、セキュリティや高可用性を確保しているという。

 それでは、納入先の運用に合わせた多種多様な開発環境を構築・維持する上で、同社はどのようなアプローチを採用しているのだろうか。本資料では、同社のサーバ活用法から、高可用性、迅速なサポート、データ保護などの要件を満たしつつ、業務・開発環境を整備するためのポイントを探る。

提供:デル株式会社

提供:デル株式会社
アイティメディア営業企画/制作:TechTargetジャパン編集部/掲載内容有効期限:2019年5月27日