2019年06月25日 10時00分 公開
PR

ヴイエムウェア株式会社×インテル株式会社提供ホワイトペーパーレガシーインフラの課題を一掃、真のハイブリッドクラウドを実現するステップ

デジタル変革を進めるに当たり、保守コストの増大や俊敏性の低下を招くレガシーインフラが障壁となっているケースは少なくない。これを解消する方法として、「インフラのモダン化」を実現するハイブリッドクラウド戦略の進め方を解説する。

[ITmedia]
画像

 2020年には全世界のデジタル変革への支出が2兆ドルを超えるというIDCの予測を裏付けるように、あらゆる企業がその取り組みを進めている。その一方で、保守コストの増大や俊敏性の低下、セキュリティリスクの拡大といった課題を招く、3層構造のレガシーインフラにより、身動きが取れなくなっているケースは少なくない。

 この状況の回避策として考えられるのが、「インフラのモダン化」を実現する、ハイブリッドクラウド戦略の推進だ。しかし、仮想化したサーバと、パブリッククラウド上でのワークロードの接続が課題となり、結果的に運用効率が低下してしまうことがある。すなわち、真のハイブリッドクラウド環境には、マルチクラウド環境を管理する共通プラットフォームが不可欠となる。

 本コンテンツでは、ハイブリッドクラウドが今求められる理由とともに、クラウド間の一貫性と自動化による簡素化を実現する方法として、HCI(ハイパーコンバージドインフラ)の導入を提案している。クラウドによる複雑化を解消しつつ、運用管理の負荷を軽減し、インフラの俊敏性向上とパフォーマンス強化を可能にするその実力を、詳しく見ていこう。