2019年05月30日 10時00分 公開
PR

「複雑化」の課題を突破するIT戦略はネットワーク変革から着手すべき“これだけの理由”

デジタルトランスフォーメーション(DX)が進むほど、柔軟性に欠けるネットワークの構築、運用は成長を阻害する要因となってしまう。ネットワーク担当者が持つべき視点とは。

[TechTargetジャパン]

 新しいビジネス領域を開拓し、さらに成長するために必要とされるデジタルトランスフォーメーション(DX)。このDXを進めるに当たっては、クラウドやIoT(モノのインターネット)などのテクノロジーを取り入れ、柔軟にアプリケーションを展開して成長機会を生み出さなければならない。ただし、ここではITインフラの複雑化や硬直化という問題が障害となり得る。

 DXに欠かせないITインフラのうち、さまざまな要素が混在する環境で個々の要素を有機的につなぎ、成果創出を支えている要素がネットワークだ。「企業の新たな取り組みに欠かせないネットワークをどう再構築するか」こそ、DX時代に必須のテーマだといえる。

 企業のネットワーク担当者は、これからどんな技術や製品に注目し、何をすべきか。アイティメディアが2019年4月に開催した「ネットワーク仮想化ディープダイブセミナー」の内容を基に考察する。

提供:ヴイエムウェア株式会社

提供:ヴイエムウェア株式会社
アイティメディア営業企画/制作:TechTargetジャパン編集部