2019年06月05日 10時00分 公開
カスタムナーチャリング

Hadoopの運用を楽にして、データ分析に集中するには

ビッグデータ分析のために「Apache Hadoop」などの分析基盤を利用する企業は少なくないが、運用の複雑さやオーバープロビジョニングといった課題がある。「Hadoopをもっと楽に使いたい」という読者に、有効な解決策を詳しく説明する。

[ITmedia]

 ビッグデータ分析のために「Apache Hadoop」などの分析基盤を利用する企業は少なくない。しかしHadoopの運用は複雑で、実装にかかる時間とコストの負担が大きくなる傾向がある。またワークロードが変化しやすいこともあり、必要なハードウェアの容量が予測しづらいといった課題を抱えている。

 これらの課題を解決し「Hadoopをもっと楽に使いたい」という読者のために、有効な運用方法を詳しく説明する。

ホワイトペーパーをダウンロードする
提供:日本ヒューレット・パッカード株式会社

提供:日本ヒューレット・パッカード株式会社
アイティメディア営業企画/制作:TechTarget編集部/掲載内容有効期限:2019年6月30日