2019年06月14日 13時00分 公開
PR

最新動向を踏まえた分析が可能面倒なログ分析は「AI」にお任せ 高度なセキュリティを手軽に実現するには

巧妙化するサイバー攻撃への対策としてログ解析に注目が集まる一方で、企業がログを十分に活用できていない現状がある。人工知能(AI)を使って世界中の知見を取り入れ、高度な分析を手軽に実現できるなら、どうだろう。

[TechTargetジャパン]

 企業にとって、サイバー攻撃対策は事業継続を左右する重要事項の一つだ。標的型攻撃の手口は巧妙化しており、入口/出口対策や従業員へのセキュリティ教育だけでは限界がある。そこで必要となるのが、社内のネットワーク機器やサーバなどのあらゆるITインフラとシステムのログを統合的に監視して、不審な動きを検知する対策だ。

 一方で、ログを収集していても活用できていない企業もある。インシデントの端緒をキャッチして実害が及ぶ前に対策するため、あるいは重大事故が起きた際に状況を分析して回復させるためにログは重要だ。だが解析スキルを持っていなければ、ログやアラートを見ても攻撃かどうか判断することは難しい。

 全ての企業が、そのような対策や分析に必要なスキルを有するセキュリティ専門家を採用できるとは限らない。そもそも既存の業務で手いっぱいのシステム管理担当者は、インシデントを検知、分析するために使える時間の確保すら難しいだろう。日々サイバー攻撃が進化し、IT環境が多様化する中で、人手をかけずに情報資産を守る効果的な方法はあるだろうか。

提供:株式会社イーネットソリューションズ

提供:株式会社イーネットソリューションズ
アイティメディア営業企画/制作:TechTargetジャパン編集部