2019年06月19日 10時00分 公開
PR

いつ何が起きても安心多拠点のVPN管理は面倒、マネージドVPNサービスが選ばれる理由

企業が満たすべきネットワークの要件はITの進化とともに変化している。機密データの送受や社内システムへのアクセスに欠かせないネットワーク、VPNをどう構築、運用するかが重要だ。

[TechTargetジャパン]

 今、企業は「デジタルトランスフォーメーション」(DX)や「働き方改革」などの新しい取り組みに四苦八苦している。実際の取り組みはもちろん、それを支えるIT環境の強化も急務だ。

 こうした新しい取り組みには、従来と異なるITの使い方が鍵となる。中でもネットワークはこれまで以上に重要度が増す。店舗や工場のデータを集約して本社で分析する体制、IoT(モノのインターネット)デバイスを通じて作業現場の状況を把握する仕組み、在宅勤務時の社内システムへの接続などにおいて、ネットワークは大きな役割を果たす。これらの実現には、VPN(仮想プライベートネットワーク)技術を用いて通信の安全性を保つことが欠かせない。

 既にVPNを導入済みの企業でも、VPNを利用するユーザー端末や拠点の種類・数が変われば、VPNを流れるトラフィックも変化する点には注意が必要だ。ネットワークの見直しも選択肢の一つになる。利用環境が変われば運用負荷やコストの増大も想定しなければならない。

 本稿では、VPNの見直しを図る上でのヒントとして、安定的かつ負荷が小さい運用方法を紹介しよう。

提供:株式会社朝日ネット

提供:株式会社朝日ネット
アイティメディア営業企画/制作:TechTargetジャパン編集部