2019年06月28日 10時00分 公開
PR

ビジネス成長の明暗を分けるデータ保護カビの生えたデータ管理手法で企業は成長できない――脱却するための2つの方法

クラウドを含めたあらゆる場所にデータが散在する、データの種類や量も膨大、データ保護の対策も必要だ――課題を乗り越え、データから価値を生むための環境を整える方法が誕生した。データ経営時代に、他社と差をつけるための鍵とは。

[ITmedia]

 ビジネスを成長させるためには、データの活用が欠かせない。事実、多くの企業がデータ活用の仕組みを急ピッチで整備しているが、データの保護や管理の課題に阻まれて、常に成果を出せるとは限らない。

 クラウドサービスの利用が当たり前になった今、ビジネスデータは社内システムだけでなく、クラウドも含めたさまざまな場所に散在している。データの種類も、データベースで管理される正規化されたデータだけでなく、テキストや画像、音声といった非構造化データが多く扱われるようになった。多様化するデータを扱うには、これまでとは異なるデータ管理手法が必要だ。さらには、データを守るためのセキュリティ対策の負担も重く圧しかかる。

 こうした課題を乗り越えてデータから新たな価値を引き出せるようにならなければ、企業はこれからの市場競争を勝ち残れない。どうすれば、来るべき「データ経営」時代にふさわしいデータ活用を実現できる環境を整えられるのか。

提供:EMCジャパン株式会社

提供:EMCジャパン株式会社
アイティメディア営業企画/制作:TechTargetジャパン編集部