2019年06月28日 10時00分 公開
PR

働き方改革とテレワークは進んでいるか?ビデオ会議とWeb会議、「使っているつもり」になっていないか?

ビデオ会議システムやWeb会議システムを導入する企業が増える一方、これらを日常的に使いこなしている企業は多くない。「働き方改革」に本当に役立つ環境を構築するにはどうすればいいのだろうか。

[ITmedia]

 働き方改革のために、モバイルワークや在宅勤務などのテレワーク制度を導入する動きが広がっている。これに伴い、ビデオ会議システムやWeb会議システムの導入も進みつつある。しかし、本当にそれらを使いこなしているかというと、「使っているつもり」で止まっていることが少なくない。例えば、ビデオ会議は月1回の役員会議にしか使っておらず、週次ミーティングでは全員が会議室に集まる、ということはないだろうか。

 「顔と顔を合わせて話すことが大切」「会議システムの設定に戸惑ってしまう」「時々音声が途切れたり、聞こえなくなったりする」といった理由がビデオ会議、Web会議を使い切れていない理由として挙がる。こうした問題を解消して、日常的にビデオ会議やWeb会議を使いこなし、働き方を大きく変えるために必要なものとは。

提供:ポリコムジャパン株式会社

提供:ポリコムジャパン株式会社
アイティメディア営業企画/制作:TechTargetジャパン編集部