2019年07月29日 10時00分 公開
PR

そのネットワーク管理手法が足かせに管理を「データセンター」から「データ」に、これからのネットワークの新常識

過去20年続いてきた個々のインフラ環境に特化した形のネットワークでは、IoTやAIなど新しい取り組みや変化に対応しにくくなっている。今後20年を見据えた新しいネットワークアーキテクチャとはどういうものなのだろうか。

[TechTargetジャパン]

 企業ネットワークを取り巻く環境が大きく変貌し始めている。クラウドやモバイルが企業に普及し、IoT(Internet of Things)やAI(人工知能)といった新しい取り組みが進展しているのだ。

 従来のネットワークは、データセンター、キャンパス、拠点といった個々のインフラ環境に特化した形で構成されてきた。ネットワーク管理者も、ネットワークごとに知識やノウハウを磨き、コア、キャンパス、エッジなどに適したLANやWAN、Wi-Fi、モバイルネットワークを設計し、運用してきた。これは過去20年間にわたるネットワークエンジニアの取り組みの歴史でもあった。実際、20年前に獲得したコアネットワークの知識を使って、現在のデータセンターを運用管理するネットワークエンジニアも少なくないはずだ。

 しかし近年、各インフラ環境に特化したネットワークは、ビジネス環境や新しい取り組みに対応しにくくなっている。企業が新しい変化に対応できるネットワークとはどういうものなのだろうか。

提供:ヴイエムウェア株式会社

提供:ヴイエムウェア株式会社
アイティメディア営業企画/制作:TechTargetジャパン編集部