2019年08月01日 10時00分 公開
PR

クラウドバックアップをもっと簡単、スマートに「DRサイトもファイルサーバも全てクラウドで」を簡単に実現する方法とは

クラウド活用の潮流はバックアップやデータ管理にまで及ぶ。しかし、クラウドベンダーが提供する管理機能は限られ、企業が求めるもの全てをカバーするわけではない。オンプレミスと同等の運用をクラウドでも実現するにはどうすればよいか。

[ITmedia]

 ハードウェア資産を持つ必要がなく、柔軟性と拡張性を備えるクラウドは企業にとって有益な選択肢だ。

 「データのバックアップ基盤としてクラウドを活用したい」「長年にわたって運用してきたファイルサーバが老朽化し、そろそろクラウド環境に移したい」「災害が立て続けに起こる昨今、クラウドをDRサイトの基盤に使いたい」――企業の願望はさまざまだ。

 クラウドのメリットを享受しつつ自社運用と同等レベルの運用性と安全性を維持したいという内心は共通している。しかし、クラウドベンダーが提供する管理機能だけで、企業が求める運用は実現可能なのだろうか。データを管理するにしても、管理対象が増えればその分コストに跳ね返る。当然データの重複排除や圧縮も考えなくてはならない。ディザスタリカバリー(DR:災害復旧)サイトも、既存システムと同期を取る方法を考えなければならない。これらをクラウドサービスの基本機能だけで賄えるだろうか。

 クラウドを自社運用と同等のレベルで活用するには、どうすればよいか。本稿で、そのヒントを紹介しよう。

提供:JBCC株式会社、株式会社ネットワールド

提供:JBCC株式会社、株式会社ネットワールド
アイティメディア営業企画/制作:TechTargetジャパン編集部