2019年08月01日 10時00分 公開
PR

AIチャットbotは職場をどう変える?佐賀銀行がチャットbotを導入 社内問い合わせ業務の効率化へ

社内問い合わせを減らすことは難しいが、定型的に処理できる問い合わせも少なくない。佐賀銀行はAIチャットbotを導入して、従来は電話で対応していた問い合わせのうち、およそ半分の自動化を目指す。

[ITmedia]

 少子化による若い世代の働き手の減少、高齢化したベテラン社員の相次ぐリタイアなどにより、多くの企業で人手不足が深刻な問題となっている。だからといって残された戦力に現在の仕事を単純に割り振るわけにはいかない。そんなことをすれば、全ての社員がたちまち過重労働に陥ってしまう恐れがあるからだ。

 現在の企業に求められているのは、多様な社員の価値観や事情に合わせて、それぞれの能力を最大限に活用する働き方である。これを実現するために、多くの企業で第一に求められるのは社内業務の効率化だ。既存の業務プロセスから徹底して無駄を省くことで、社員はより付加価値の高い仕事に専念できるようになり、ひいては労働生産性を高めることができる。こうした働き方改革に取り組まない企業は、優秀な人材を集めることがますます困難になるだろう。

 金融業界は、業務効率化に課題を抱える業界の一つだ。膨大な定型処理をいかにして削減するかが急務となっている金融機関は少なくない。

 そうした状況で広がっているのが、AI(人工知能)の活用だ。本稿では地方銀行の中でもいち早くAI技術を取り入れて、生産性向上を目指す佐賀銀行の取り組みを紹介する。

提供:株式会社JSOL、SB C&S株式会社

提供:株式会社JSOL、SB C&S株式会社
アイティメディア営業企画/制作:TechTargetジャパン編集部